「関節の苦痛」は随分取れません。何故かというといつも動いているから無理をして要ることになる。
改善法としては、さすが筋肉を備えなけらばなりません。筋肉を塗りつけるには取り敢えず行為しかありません。けれども、苦痛が出て行為ができないということが現実です。
そこで改善法として、筋肉の動きを良くするのです。自分も試したのですが、苦痛がアッという間に引きました。
その方法は、筋肉に動きを伝えるということをします。
思い込みとしては、痛みがある筋肉が膝の関節として膝関節には「太もも四頭筋」、「ハムストリング」、「膝窩筋」、「前脛骨筋」レベルがあり、その筋肉類の痛みがある筋肉に切り傷がついた思い込みを持ってもらってその傷口をふさぐように指で痛みがあるまだまだ離れた配置を痛みがある場所に向かってまとめるようにします。次にその寄せた配置を動かさないようにするのと筋肉が動いているのを確かめながら、下肢を切り回し(キックパフォーマンス)を10回ぐらいします。ゆっくり押さえていた指を離して赴き今度は、引き下げ無しで動かしてみます。すると個人差はありますが甚だ苦痛が取れます。
個人差が出るのは、その方の快復テクノロジーが原因です。快復テクノロジーは、行為+栄養分+休暇は一般的に言われていますが、そちら添付痛手+体位が大事に変わる。一門を出せば、痛手があれば脳が疲れ快復テクノロジーの源泉が落胆を受けます。体位は頭を上に褒めちぎるような体位を摂るようにすると一番良い体位になります。可愛い体位と聞くと大体のお客様は「胸をハリ」そり背丈になるほうがおおいですがそうではありません。
総括は良い体位の方には痛みが出るお客様は主としていないいということです。日毎可愛い体位を取って色んなストレスから渡り合えるカラダ製造をすることです。なかなか体脂肪が下がらないとき、これを試してみよう。