自身が虫歯で悩んでいるお父さん、おかあさんは、小児にはおんなじ想いをさせたくないと思うでしょう。そういうかたに、少しの心掛けでできる小児の虫歯警備においてご紹介します。

初めて、虫歯はなんでできるのでしょう。そもそも虫歯は歯が酸を通じて溶かされる病気で、食べかすなどのサッカリドからこういう酸を生み出すのが虫歯バクテリアだ。すなわち、こういう「虫歯バクテリア」あるいは「酸を編み出すためのサッカリド」のどちらかがなくなれば虫歯は警備やれるわけです。

とりあえず前提として、産まれたばかりの赤子の口内には虫歯バクテリアはいません。虫歯バクテリアのほとんどは成人から小児に感染しているのです。とある追求では、3年までに虫歯バクテリアに感染しなければ小児は虫歯になり難くなると言われています。成人が口を塗り付けた箸で食べ終わらす、成人が食べた夕食を食べ終わらすといったことで感染が防げれます。

もうひとつは、ハミガキにより歯垢やサッカリドを除去することです。3年までにハミガキを務め化すると虫歯リスキーを減らせるでしょう。

食事を注意することも重要です。唾液は口内を正常化してくれるので、噛みごたえのある夕食を手広く並べるようにするという良いでしょう。またサッカリドの多いチョコレートなどの甘味を小さい頃は控えるようにすることも効果的です。

少しの心掛けで小児の虫歯は警備できます。どうしても試してみてください。http://www.me-oec.jp/