プラセンタの副作用 > 注意点 > プラセンタの副作用は、好転反応だった!

プラセンタの副作用は、好転反応だった!

81c4cd97ea194454b14d029b142d8d7d_s

美容効果、健康効果が非常に高いことで話題になっているプラセンタ。市販のプラセンタサプリメントもたくさんでていますが、プラセンタを飲み始めてニキビや吹き出物ができてしまった、体重が増えてしまった、という声を聞くことがあります。

これって、プラセンタの副作用なのでは…と心配する人も少なくありません。しかし実は、この症状はプラセンタを摂取したことによって代謝が活性化したり、身体の細胞が元気になるなど体質が良い方向へ変わり始めていることで起きる好転反応なのです。

副作用と好転反応の勘違いに要注意

好転反応とは、体質が改善される際に体内の毒素が排出されるとき、悪いものが出るために細胞の一部が一時的に拒否反応を起こしてしまうこと。

プラセンタには新陳代謝をよくしたり、肝機能を改善する効果があるため、体内の老廃物や毒素を排出するいわゆる「デトックス効果」が高まるのです。

プラセンタを飲むことで今まで体内に溜まっていた老廃物が毛穴や皮脂腺から一気に体外に出て行くので、この時に毒素が皮膚に触れてしまい、ニキビや吹き出物ができてしまいます。

特に、肌の弱い方はニキビになりやすいようです。プラセンタでニキビや吹き出物ができてしまっても、これは副作用ではなく一時的な好転反応なので、溜まっていた毒素が排出されてしまえばニキビは改善され、前よりもキレイな肌に生まれ変わります。

好転反応を副作用と勘違いしてプラセンタの飲用を中止してしまわないように。せっかくのプラセンタ効果をムダにしないようにしたいですね。